YouTuber(ユーチューバー)のプロフィール

mbチャンネル清水千広の年齢や身長などプロフィールまとめ!経歴や年収・評判を調査

今回はYouTubeで「MBチャンネル」として活動されている、清水千広氏について

 

    1. mbチャンネル(清水千広)の年齢や身長などプロフィール!結婚はしてる?
    1. mbチャンネル(清水千広)の会社やこれまでの経歴は?
    1. mbチャンネル(清水千広)の年収は?
    1. mbチャンネル(清水千広)のファッションの評判は・評価は?

についてまとめてみました。

 

服に興味がない人向けにファッションビジネスを展開されている清水さん。

この服を合わせるとどうしておしゃれなのか、を論理的に説明しおしゃれに自信が無くダサい人をガラリとイメチェンさせてしまう、魔法のような実力をお持ちです。

経歴を辿るうちに、地方のしがない販売員が年商億超えの会社社長になるまでが見えてきました。

それではどうぞ。

mbチャンネル(清水千広)の年齢や身長などプロフィール!結婚はしてる?

    1. 名前 : MB
    1. 本名 : 清水千広
    1. 生年月日 : 1982年10月1日
    1. 出身 : 新潟
    1. 最終学歴 : 国立大学卒
    1. 職業 : ファッション業界において、バイヤー・プロデュース業社長・作家 など
    1. 体重 : 約65キロ
    1. 身長 : 約175センチ

 

簡単なプロフィールをまとめてみました。

本名は清水千広なのに、なぜMBと名乗っておられるのか、

本人曰く「MB」という言葉に特に意味はないとのこと。

しいて言えばメンズバイヤー・メンズブロガー・マストバイなどの言葉が後付けできると仰っています。

前提としては本名とは関係なくて、ファッション業界人ぽい字列で恥ずかしくないけど変な名前を付けたかったということ。

MBとは元々メガバイトと言う別の意味を持っていて、検索されたときに、元の意味より有名になりたいと言う目標を込めている。

などの事が本人談でわかります。

現在、Googleで「MB」と検索すると、真っ先に清水さんについて表示されるので、彼の当初の目標は叶ったと言えるでしょう。

そんな彼の思いを汲んで、コレより先は清水さんではなくMBさんと呼ばせてもらうことにします^^

 

身長や体重については、公表はしていないものの、動画での対談や洋服の着こなしやバランスなどから「おおよそこれくらいと見て間違いないだろう」と推察されたものです。

実際に洋服を着てコーディネートを解説しているのだから、身長や体重を公にすればサイズ感などの参考になるのになぁ・・・なんて思います^^;

ぱっと見ですと、30代後半男性としてはごく一般的な「ザ・標準体型」だろうなという印象は受けますね。

結婚に関しての情報はネット上では拾うことができなかったのですが、現在37歳のMBさんはすでに結婚して子供がいてもおかしくない年齢ですね。

または、まだまだ結婚適齢期の範囲です。

もしかしたら良いパートナーがいるのかもしれませんね^^

 

次はMBさんがショップ店員から億超え会社社長になるまでを深掘りしますが、その前にMBさんのSNSをご紹介しておきます^^

YouTube】【Twitter】【Instagram】【Blog




mbチャンネル(清水千広)の会社やこれまでの経歴は?

MBさんは現在、ファッションマーケティングやプロデュース、デザインなどを請け負う会社、株式会社Eimの代表をされています。

大まかに分けると、

    1. メルマガ配信やYouTubeなどのネットでの発信活動
    1. アパレルショップの企画運営
    1. オンラインサロンや雑誌、テレビなどでの公演活動

と言うような活動をされています。

 

アパレルショップの経営では、小説の出版などを手がける株式会社KADOKAWA(角川文庫でお馴染みですね!)と共同し、ライトノベルの世界観を忠実にファッションに落とし込み、おしゃれなアイテムを生み出すことをテーマとしたブランドを展開されています。

 

また、自身がセレクトした古着を販売する店舗の経営も順調です。

実店舗へは有料のオンラインサロンの会員のみしか入店することができないショップとしても有名です。

通販サイトでは誰でもショッピングすることができますが、MBさんがセレクトした古着は1日に数点しか公開されず、それもほとんどがわずか5分で完売してしまう程の人気です。

https://mobile.twitter.com/mb_locker_room/status/1252896199843082240

 

MB LOCKER ROOMの2号店は地元新潟に構えており、こちらはどなたでも入店することができます。

 

CONNECT:ED】【MB LOCKER ROOM

MB LOCKER ROOM (NIIGATA)

〒951-8061
新潟市中央区西堀通3-798
TEL: 050-3577-0613
12~18時営業
不定休

 

MBさんの原点であるメルマガの配信は、会費が500円という安さながら非常に濃い内容で充実していると人気で、2014年からまぐまぐのメルマガランキングでは常に上位をキープしています。

メルマガのさらに充実した内容のオンラインサロンも人気で、現在は満席状態。

有料のサロンというと、「高額でいろいろ買わされたりするんじゃね?」と思いがちですが、MBさんのサロンは月会費が5000円です。

その内容がまたすごくて・・・

    1. 有名人+MBさんのコラムが365日毎日更新
    1. 毎週ライブ配信
    1. 会員同士の交流が盛んなコミュニティ
    1. 自分の好きな商品を作れる「商品開発部」
    1. 商品レビューでお小遣い稼ぎ
    1. 様々なオフ会イベント

 

毎月5000円の支払いで、これだけの特典が受けられます。

正直、毎日更新されるコラムだけでも5000円の価値があるように思います。

筆者は服飾専門学校卒ですが、ファッションビジネスを学びたい人は専門学校へ行くより断然有益なのではないかと思います。

【オンラインサロンMBLABOはこちら】

良質な古着をセレクトできるのも、オンラインサロンの内容を充実させることができるのも、ビジネスが上手くいっている証拠ですね。

輝かしい活躍を見せているMBさんですが、その人生や経歴は決して順調なものではありませんでした。

MBさんのブログ、knower MAGやTwitterなどでも度々、自身の人生について呟かれていますが、それをまとめて語ると1冊の物語になってしまうので、年表にしてみました。

誕生~大学卒業まで(0歳~24歳)

誕生 1982年10月 新潟で生まれる。

幼少期 会社経営の両親の下、裕福な家庭で育ち、3歳頃からピアノを始める。

学童期 小学生時代にドリカムに出会い、ファンクラブに入るほどハマる。

高学年のころ、女の子との初デートの際、兄からファッションアドバイスを受ける。→この時のおしゃれが、周りからとても高評価でファッションが持つ偉大なパワーに気付く

中学生期 父親の会社が倒産し、多額の借金を負う。家庭環境が一変し、両親は離婚、兄と共に母親に引き取られる。

ドリカムの影響でドラムを始める。1日に何時間も練習し、めきめきと技術を上げる。

高校生期 ロックやメタルなど様々なジャンルを制覇し、高校3年生のころにはジャズにはまり、40~50代に混ざってバンド活動をする。

学校では生徒会長を務める。

バンドマンとしての将来性に限界を感じ、地元の国立大を受験。将来を見据え、経済学部を選択。

大学生期 学費の安い国立大に進学したものの、経済的に余裕があるわけではなかったので、週7でアルバイトをする。

レプリカジーンズを扱うドゥニームというアメカジショップの店員と塾講師を掛け持ちする。

ファッションについての知識をノートに書き溜めはじめる。

アルバイトの多忙の影響でレポートの提出が遅れる→留年

アルバイトの多忙の影響で単位を取り忘れる→留年

思春期のころの生活環境の一変によるトラウマやストレスで、パニック障害発症→休学

2001年大学入学→2007年大学卒業と、卒業するのに7年かかる。

 

MBさんが通っていた大学については公表されていませんが、地元新潟県の国立大ということは分かっています。

新潟県で経済学部のある国立大は、新潟県立大学国際経済学部か、新潟大学経済科学部です。

このどちらかの大学に通っていたと考えるのが有力でしょう。

 

就職~現在(25歳~)

2007年就職 新卒で、新潟のアパレル企業へ就職。

販売スタッフ→店長→エリアマネージャーを経て売り上げ全国1位を記録する。

バイヤーなどの勤務経験を経て、社内で通販事業部の立ち上げに携わる。

副社長就任のオファー→断る

2012年独立 自身で「お客様の為になるファッションを提案」するためにブログを書き始める。

2014年 メルマガ配信サイト内で配信初年度にも関わらずまぐまぐメルマガ大賞を受賞。

→その後もホリエモンと肩を並べ月間購読者数1~2位を維持し続ける。

 

MBさんの経歴を簡単にまとめてみましたが、私がすごいなと感じたのは会社に属していたときの経歴です。

販売員が副社長就任のオファーを受けるまで5年ほどしか経っていません。

その間に携わった通販事業部では、企画を提案したのはMBさんだったそう。

しかし会社の上層部からは「販促ノルマを達成し、さらに3000万円の売り上げを」と言う厳しい目標を設定されました。

しかしコツコツと一人でネットショップを構築し、目標を達成させます。

すぐにはその功績を認めてもらえず、さらに5000万円の目標を当てつけられます。

悔しい思いをしながらもそれも僅か1年で達成させ、副社長就任の席を用意されたわけです。

エリアマネージャーやバイヤーなどある程度出世しても、年収200万円台が普通と言うのがアパレル業界です。

副社長として給料1600万円を提示されましたが、それがここでの限界だと察知します。

MBさんは女手一つで育ててくれた母親への恩を、その地位と給料だけでは返しきれないと判断されました。

もっと上を目指せることを確信し、退社→独立に至ります。

これが僅か数年での出来事ですから、この会社にとってMBさんは異端児でありエースであったことでしょう。

MBさんが成長させたと言っても過言ではないこの会社、どこだか気になりますよね。

MBさんが発信する情報からはどの会社か特定はできませんでしたが、MBさんは「関東圏にも店舗を展開していて、且つ県内でも最大手と言える規模の会社だったから」という理由で入社を決めています。

新潟に本社を置くアパレル企業で有名なところと言えば、クラッシュアンドカンパニーが挙げられます。

社名は聞いたことなくても、「nanouniverse」「AZULbymoussy」「VIS」など有名なブランドを展開しています。

もしかしたらMBさんはこの会社で働いていたのかもしれませんね^^

 

mbチャンネル(清水千広)の年収は?

現在ファッション業界で多くの事業を手がけているMBさんですが、一体いくら稼いでいるのでしょうか。

    1. アパレル業界でのマネジメントや経営だけでも、数千万円/年
    1. 著書の印税、低く見積もっても1億円くらい
    1. 有料メルマガの会費、540円×10000人=540万円/月
    1. オンラインサロンの会費、5000円×830人=415万円/月
    1. YouTubeからの広告費、約500万円/年(チューバータウンより)

これらの他にも、企業とのタイアップやテレビ出演、雑誌などの執筆などからの収入もあります。

年商としては余裕で1億円オーバーですね。

その内「もっと幸せに働こう 持たざる者に贈る新しい仕事術」に関しては、ALSで亡くなった実父に敬意を表し、印税の全てをALS協会に寄附すると公言されています。

年商1億円とは、MBさんが手がける事業の売り上げのことですので、諸経費や人件費、原価などを差し引いた者が年収となります。

MBさんの年商のうち、ネット上でのビジネスによる売り上げも多く、売り上げに対して物の原価や人件費が嵩んでいるわけでもなさそうなので、おおよそ半分は年収となっているのでは?と思います。

自身がプロデュースするアパレルショップでは良質な物を提案するのがコンセプトになっていますが、ビジネスに掛かる経費が比較的抑えられているのでこちらにより経費を注ぐことができるでしょう。

つまりMBさんのショップでは良い物が適正な値段で手に入るという考え方もできますね^^




mbチャンネル(清水千広)のファッションの評判は・評価は?

View this post on Instagram

in 駒沢公園

A post shared by MB/メンズファッションプロデューサー (@mb_knowermag) on

MBさんの提唱するファッション理論を実践して、ほんとうにおしゃれになれるのかな?と自身が持てない方もいるでしょう。

しかし実際にはMBさんのファッション理論のおかげでおしゃれが理解できた!おしゃれ楽しい!・・なんて方も多くいらっしゃいます。

私もMBさんのファッション理論になるほど!と思うことが多いですが、一方でそれをダサいと言う人もいます。

MBさんの理論は個人の意見であって、それを好まない人もいることは確かです。

そうなると、あとはもう個人の好みの問題なので、やはりファッションに正解はないのだなと思います。

まとめ

今回は

    1. mbチャンネル(清水千広)の年齢や身長などプロフィール!結婚はしてる?
    1. mbチャンネル(清水千広)の会社やこれまでの経歴は?
    1. mbチャンネル(清水千広)の年収は?
    1. mbチャンネル(清水千広)のファッションの評判は・評価は?

についてまとめてみました。

さまざまなビジネスを展開されているMBさん、女性のファッションについても理論的に解説してもらいたいものです。

今後はYouTubeの再生回数がぐんと伸びていくことでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です